子どもの勉強について

下がった成績を上げる為に親がする事、対処法

こんにちは!MEGUです

今回は、

お子さんの成績が下がった時の対処法

について、お話ししようと思います。

中学生や高校生になると、
実力考査や定期テストなど、
常にテストに追われる事になります。

お子さんの中間テストや期末テストが終わる度に、
今回は成績が上がったとか
今回は下がったとか
一喜一憂していませんか?

そりゃあ、
長い年月学校に通っていれば、
成績が上がる時もあれば下がる時もありますよ!

もちろん!
成績が上がった時は褒めてあげる事は大事ですが、
下がった時こそ、パパママのフォローが大切なんです!

間違っても、
成績が下がった時に、

何してんの〜
ちゃんと勉強したの?
こんな事じゃダメでしょ!
どうすんのこんな点数
ほんとダメな子ね

など、お子さんの自己肯定感を下げるような言葉は
絶対に言わないで下さいね!

だって、成績が下がった事に、
一番ショックを受けているのは
お子さんなんですから!

それなのに、
更にお子さんを奈落の底に突き落とすような
言葉は絶対にタブーです!

更にやる気を無くしてしまうだけです。

たとえ、
怒っても、お説教しても、
何の改善にもなりません。

それに、そんな事をしても、
今回の結果が変わる訳でもないでしょう?

ただ、ただ、
お子さんの自己肯定感を下げるだけです。

はっきり言って、
怒ることもお説教も
時間の無駄です!

何の生産性もありません。

それよりも、
どうすればお子さんのやる気が出るか
どうすれば成績を上げる事ができるのか
次に繋がるような話をする事が大切です。

そう!
お子さんが、前向きになれるような。

きちんと計画を立てて学習できていたのか?
集中してできていたか?
どこを改善すれば次に繋がるのか?
それをお子さんときちんと話す事が大切です!

結果が悪い時は、決して
お子さんが悪い訳ではありません!

勉強のやり方が分からなかったり、
やり方を間違えている事がほとんどです!

その他に、
起床時間や就寝時間、
忘れ物や遅刻など、
生活面がだらしなくなっている事も多いです。

関係ないように思う方もいるかもしれませんが、
生活のリズムと学習は、
実はとても密接な関係です

これらを1つ1つ改善して行くようにすれば、
必ず次の結果に結びついて行きますからね☺️

学生にとって、成績を上げる事は
重要かもしれませんが、

それだけでなく、もっと大切なのは、
コツコツ積み上げて行くことの大切さ、
学ぶことの楽しさに気づかせてあげる事。

人生死ぬまで勉強です!
学ぶ事は楽しい
そうお子さんが思えるように。

私達親ができる事は、
とにかく

お子さんの自己肯定感を下げずに、
上げる事!

それを常に心がけて行きましょう!

ご参考になれば幸いです!
ブログランキング参加中です!
ポチッと応援して抱けると、励みになります😊