子育て【中学生】

反抗期こそ聞き上手になって!

こんにちは!
台風の進路が非常に気なるMeguです(笑)

さて、今日は、

小学校高学年~中学生ぐらいの

反抗期についてのお話です。

子どもと意見が合わない
子どもが反抗するので困る
言う事を聞いてくれない

このような悩みをママ(パパ)達から
よく打ち明けられます。

そう言う時、
いつも私がお伝えする事は、

とにかく、
「お子さんの話をよ~く聞いてあげて下さい」
という事です。

そう私が言うと、半分以上の方は、
「ちゃんと聞いてるんですけどね・・」
とおっしゃいます💦

でも、深く掘り下げて聞くと、
私が思う、“話を聞く”と言う概念とは
ものすごくかけ離れている事に気付きます。

私が言っている“話を聞く”とは・・・

⓵子どもの話を手を止めて聞く
⓶目と目をしっかり見て聞く
⓷途中で口をはさまない
⓸最後まで真剣に話を聞く
⓹話に共感する

・・・です。

特に⓸⓹が重要です!

お子さんが話している途中で、
「それはこうよ」とか
「そりゃそうでしょ」
とか
絶体に意見してはいけません!

お子さんが話す事に対して、
うんうんとうなずくか、
「そうなんだ~」「辛かったね・・」など、
お子さんの気持ちに共感してあげて下さい。

真剣に最後まで話を聞いてあげてから、
あなたの気持ちは良くわかったよ。
それに対してママ(パパ)はこう思うよと
アドバイスしてあげる事が大切です!
それも決して上からでなく、対等に!

実際のところ、アドバイスなしで、
話を最後まで聞いてあげるだけでも、
お子さんは、満足する事が多いです。

それで自分のモヤモヤや悩みが
解決される事も多いからです。

現に私達大人も、
誰かに話を聞いてもらいたいって事
多々ありますからね😊

お子さんの話をじっくり聞いてあげることで、
ママ(パパ)は、私(僕)の気持ちを分かってくれてる。
そう思うと心強く、勇気が湧いてくるのです!

子どもと意見が合わない・・
なんて当たり前です!

親子と言えども1人1人違う人間。
個性があるから、
意見も違って当たり前なんですよ~😊

言う事を聞かない・・・なんて
親のエゴでしかありません。

自分の考えを
押し付けているに過ぎないのです。

どうかお子さんを、個人として
認めてあげて下さい。

自分の考えを押し付けないで、
聞き上手になってください。

これは、対子どもだけでなく、
対夫婦にも言える事です。

お子さんとの関係が、
少しでも、改善し、
良い親子関係が築けるように
応援しています!

ご参考になれば嬉しいです😊
ブログランキング参加中です!
ポチッと応援して抱けると、励みになります😊

子育て情報ランキング